セフレが欲しい、切実に。僕はこれをセクジツと呼ぶ

セフレが欲しい、マジで

 

愛されるよりもセックスしたい、マジで

 

誕生日プレゼントよりもセフレが欲しい、マジで

 

ドランゴンボールがあったらセフレをもらいたい、マジで

 

 

私は性欲が強いと思う

 

なんでもないときについつい勃起してしまう

 

友達喋っているとき、オフィスで資料を作っているとき、発作のように

 

その有り余る性欲を発散するためにはマスターベーションではダメ、絶対

 

 

 

セックスとはそもそも子孫を残すための方法に過ぎ無い

 

SekainoowariもRPGという曲で歌っている

 

 

「方法」という悪魔にとり憑かれないで🎶

「目的」という大事なものを思い出して🎶

 

 

 

そんなことは俺だって社会人になって数年経つのだからわかる

散々言われていることだ

 

 

それでもなお、俺はセックスがしたい。それもセフレと。

 

悪魔に取り憑かれたって良い

 

セックスの利点をあげてみよう

1)きもちいい

2)やばい

 

 

次にセフレの利点だ

1)風俗代がかからない

2)自由にセックスができる

3)一人暮らしならホテル代もかからない

 

 

風俗にいっても上記と同じような利点は得ることができる

 

でもお金がかかるし、風俗嬢とのセックスは終わった後にどこか虚しい思いにかられる

 

「俺はなんであんな無駄な金をつかってしまったんだ」、と

 

セフレであれば一回限りの関係ではなく継続する関係なので、お互いのことをしることができる。

 

お互いの性感帯やせっくるの課題に付いて話し合うことができ、次回のせっくるに向けての改善案を協議することができる

 

 

私が目指す世界は誰もがセックスでつながる世界

 

IoTがインターネットで全てを繋げようという試みのように

 

SoT(Sex of Things)で、俺は全ての人がおチンポでつながる世界を夢見ている

 

 

自分もセフレと繋がって、そのセフレも別のセフレと繋がって、そのセフレも他のセフレと。。

そんな世界だ

 

 

 

その世界の実現のためには、エロサイトによく乗っている「あってすぐセックスできます」といった広告がある

 

 

 

あれは素晴らしい

 

 

 

あれにみんな応募して、本当にあってすぐせっくるできるのか、お金を騙し取られないで本当にせっくるできるのかを確かめて欲しい

 

 

出会い系サイトにかたっぱしから登録して、「セフレになってください」と全ての登録者にメッセージを送りつけ、実際のせっくる動画をユーチューブにアップして、ユーチューバートしてデビューして欲しい

 

 

そして俺はそれをおかず一人シコシコとマスターベーとして朽ち果てたい

 

 

 

兎にも角にもセフレが欲しい

 

 

 

 

何を言ってるんだ、おれは

 

ブログ、開催

今、世の中は様々な問題で溢れている。

 

地球温暖化少子化、高齢化、トランプ、ブリグジット、人種差別、情報操作、貧困、偏見、麻薬、詐欺、八百長、etc

 

このブログではそれらの社会的に問題に全く向き合わず、自分の思いの丈をただただだらだらとよだれを垂らしながら淫らに淫乱に混乱しながら書いていきたい。

 

加計問題よりも仮性包茎が問題

 

国会の動向よりもオッパイをどうこうしたい

 

そっちの方が自分にとって重大な三十代の問題なんだ